Archive for 1月, 2016

1月7日

社長の小山でございます。新年明けましておめでとうございます!

今年もはりきってまいりますので どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

昨年は、普段あまりない三ヶ月に渡る大きな現場や住宅内装物件の激増により、とても忙しい年となりまして

、年々そうなのですが 施工内容のバリエーションがより一層広がり 改めてガラスフィルムと塩ビシートの

可能性の底力に感心&大感謝しております。そして何より御依頼くださるお客様に最大の大感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございます!!!

 

大久々の記事を書かせていただきますが、現場写真では刺激が無いので旅行記を、書かせていただきます(笑)

 

2014年に引き続き2015年もイギリス ロンドン ノッティングヒルカーニバルに行ってきました!!日頃より現場作業で食っている者は、まず現場ありきと信じており 何か気になることがあれば最低でも三回は何事も行ってみないと少しもわかったことにはならないと思っている超現場主義を名乗る私なので 今回は、引き続きその第二回目です。

初回の去年は三日前に現地入りし時差ぼけと感激と刺激で、1日平均10時間歩きまわり、三日目午後 急に両膝が曲げられなくなるほど腫れ上がり あわやカーニバルに行けるのか???(結局竹馬に乗っているような歩き方でカーニバル二日間乗り切りました。)という最高に自分のマヌケ具合に45歳にしてあらためて気づかされる(笑)というエピソードが、印象的でしたので 今回は地下鉄を使いまくり目的をぐっと凝縮して計画を建て ホテルもカーニバルエリア内に予約を入れ カーニバル二日前に現地入りし ホテルにチェックイン後 去年一番美味しかった フィッシュアンドチップスのお店THE GOLDEN HINDにて腹ごしらえ。相変わらずの美味しさと大きさに感激!その後スーパーにて定番ビールを仕入れ ホテルに戻り夜10時頃 調べておいたイベントに向けて出発。

SCALA という名の会場にて行われるUniversity Of Dubというイベントです。お目当ては ABA SHANTI-I 。というアーティスト。前回来た時インドアのイベントに行けなかったので、超ワクワクでした。会場についてみるといかにもヨーロッパ的な雰囲気のある大きいビルで、スケールの大きさにビックリ。厳重なセキュリティーチェックを受けいざ会場へ!三つサウンドシステムが出演しそれぞれが 2山ずつスピーカーセットを 用意しているという素晴らしい状況で、喫煙所は隔離されてるので非常にクリーン。結局朝6時頃までいて感無量でした。地下鉄でホテルに戻り爆睡の予定が10時頃目が覚めてしまい、シャワーを浴びて出動。まずは、 SEA SHELL というレストランにて黒ビール チップス イカのフライ フィッシュアンドチップスで腹ごしらえ。すごく美味しくて結果として今回最高なフィッシュアンドチップスでした!!地下鉄で30分ほど移動してブリクストンヘ。大きなマーケット街や地元の公園でやってるサウンドシステムを観たりしてウロウロと夕方まで。活気のある街をとても感じました。

ホテルに戻り仮眠して夜11時出動。今日は、FORUMという会場で行われるJAH SHAKAというアーティストの自身のサウンドシステムによるワンマンショー。このタイミングでジャーシャカ ワンマンが観れるとは本当に大感激で、情報を知った時は、声を出してしまいました。会場は昨日よりさらに大きくセキュリティーを通って映画館のような防音ドアを開け中へ。横浜ベイホールを1,5倍位大きくしたようなホールにお客さんが程良く一杯入っていて雰囲気最高に加えサウンドシステムの音が素晴らしい。本場のスケールの大きさを最高に感じさせてくれたとても良い体験が出来ました。結局終了時刻の四時まで踊り続け外へ。熱かった会場内と違い外に出ると真冬並みの寒さにビックリ。地下鉄始発待ちにと駅に向かうが様子が変。大体始発待ちの人がバラバラいたりするのですが 全く居ない。始発時刻が気になり壁に貼ってある時刻表を確認すると7:45と書いてある。オイオイそんな馬鹿なと再確認するも間違いない。本日は日曜日で平日は五時台から走っているのだが日曜は凄く遅いようで全く知りませんでした。寒さの中まいったなーと周囲を見渡すも 逃げ込める店もない タクシーも通らない。バスが走っているのでバス停まで行き乗ろうとするが 現金お断り!と運転手に乗車拒否され(驚いたことにオイスターカードというPASMOみたいなカードじゃないと乗れません。行かれる方ご注意)携帯の地図でホテルまで徒歩検索すると約二時間。。。。  で出発。なるべく明るくて太い道を歩くこと二時間半で無事ホテルに到着。日本じゃ こんな事無いのに(泣)。激疲れですがお腹は減るもんなのでホテルにて朝食。お前頑張ったとスペシャルな朝食を注文してみたのですが食堂に私一人だけなのに『もう少しお待ちください。もう少しお待ちください』と何回も言われ結局20分待たされたあげく、マズイというか 食品サンプルを食べているような カサはあるが食材の味がしなく美味しく無い。これで18ポンドって!?何なの!?と当惑しながらもチップを置いて部屋にて就寝。昨日に引き続き10時半頃には目が覚めてしまい 外からカーニバルの仕込みの焼き物の匂いやざわめきに気がついて窓から外を覗くバラバラとした観光客と警備の警官が見える。カーニバル当日の実感が急に湧いてきて、昼過ぎに出ようと思っていたのですがシャワーを浴びて支度したら外へ。それから終了時刻の午後8時まであちぐるぐると周り昨年より場所や方角がわかっているのでとても効率良く内容濃く二日間楽しめました!!相変わらずの人の多さ 音の大きさ エリアの広さに感激でした。二日目の夜はさすがに朝まで睡眠がとれロンドン最終日の目的は MONTI MAHALというインド料理レストランに行く事。午前中に予約メールを入れてお昼前にはOKメールがいただき時間があるので少し遠方にあるフィッシュアンドチップスの名店 TWO BROTHERSへ昼食を食べに行くも事前調べではopenのはずがレストラン休業で持ち帰りしかやっていないので、仕方なくテイクアウト。まあ外で食べるのも気持ち良いですけどね!満腹でまだ時間がたっぷりあるので、移動して大英博物館へ。

カーニバルにあれだけの人が来るのにほとんど日本人は見る事無いのにここにはわんさかいてビックリ。でもなんとなく安心感を感じますね(笑)。建物はすごく大きく展示物も素晴らしいものが数多くあるのですが 英国以外の展示品でほぼ成り立ってる感がありすぎてどうしてここにあるのかと複雑な感情になりました。せっかく来たので周辺でお土産などを仕込み予約した6時の10分前にはレストラン前に着き通りすぎながら店内を偵察。かなりの高級レストランに見え自分の服装に少々自信がなくなり不安モードに(そんなに高級ではないと勝手に想定していたのでかなりカジュアルな感じで行ってしまったのです)。6時ピッタリにエントランスに入るとスーツをビシッと決めた女の人が MR  MASHU?と声がけしていただいて店内から席へ。あらためて店内を見渡すとやはり高級店でした(汗)。失敗!!と自分の服装に後悔しているとこれまたスーツをビシッと決めたウエイターがこちらに。『うちのシェフです』と説明しながらテーブルに少し小さな本を置いてくれました。メニューを見てビールと焼き物 カレーとナンを注文しウエイターが去った後 先ほどの本をめくると日本の本で驚き。予約メールの時に 英語があまり喋れない日本人だと伝えていたせいか 気遣って用意しておいてくれたようで凄く感激しました。内容は日本で有名なカレー番長がこちらのシェフにインタビューしたものやレシピなど インド料理に対する熱意と愛情がとても感じられる素晴らしい本でした。自分の貧素な服装は忘れ(笑)ホント来てよかったな~!とその後 ビールに続きビール(笑)で食事が続き 締めにチャイを頼み幸福感に包まれ チェック。いつもより多めのチップと一緒に支払い店を出る。いや~ホントに素晴らしい料理とお店でした!!次回来る時はもう少しオシャレしなきゃと誓いながらホテルに戻り荷造り。一晩ゆっくり寝て翌朝チェックアウトして地下鉄~ヒースローエクスプレス~ヒースロー空港~羽田と戻ってまいりました。異国から帰ってきた時特有の、まるで病気から健康体に戻った時のような自国でのありがたさを、ひしひしと感じながら翌日からの現場頑張るぞっ!と意気込み十分。お客様 弊社社員 協力外注さん 家族 に大々大感謝しながら就寝。で旅終了!!ありがとうございました!!!

 

[youtube]https://youtu.be/dtT8J241XxY[/youtube]

[youtube]https://youtu.be/PrJUxER9Q4M[/youtube]

[youtube]https://youtu.be/jps06zQqZUw[/youtube]

  • 0 Comments
  • Filed under: blog
  • 28年1月

    明けましておめでとうございます。

    昨年は平均すると10名(社内7名プラス協力外注3名)で、約3500件ほどの現場に呼んで頂き、安定かつ、大変忙しい年となり、

    おかげさまで今年、会社設立12年目を迎えることが出来ました。ありがとうございます。

    本年、お客様のご要望にさらに応えられる様、機動力、心構えを向上させ頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 0 Comments
  • Filed under: news
  • 12月17日

  • 0 Comments
  • Filed under: blog
  • 12月16日

  • 0 Comments
  • Filed under: blog
  • 12月15日

  • 0 Comments
  • Filed under: blog